プログラム

STAND UP SUMMIT プログラム 【8月6日(火)10:00~18:00】

復興セッション
  10:00-15:45 (ポスター発表14:30-15:45)

350名の参加学生が15のセッションに分かれ、本イベントの主旨に賛同頂いた協力企業・自治体の復興への取組を学び、これから先、自分達だからこそできることを考えます。参加学生たちは、学んだ内容を基に現状の課題や解決策をまとめたポスターを作成します。ステージにて発表を行い、他の参加者と共有することで復興の未来について様々な切り口から考察します。 
※参加学生を対象としたセッションですが、一般の方にもご観覧いただけます。

セッション参加団体
三陸鉄道㈱【地域の鉄道としての役割】/㈱マルト【地域のライフラインを守る使命】/福島県【観光・情報発信】/東北福祉大学【防災士の役割】/スマイルとうほくプロジェクト【メディア】/NPO法人ボランティアインフォ【ボランティア】/宮城県タクシー協会【語り部タクシー】/綾里漁業協同組合【漁業】/TBSテレビ【番組制作】/いわきFC【スポーツの力】/JICA東北【わたしたちのSDGs】/早稲田大学【持続可能な開発(SDGs)】/(一社) ふらっとーほく【地域経済を豊にする】/釜石市【ラグビーW杯】/伊藤染工場【伝統工芸】

復興ディスカッション ―私たちがつなぐ未来―
  Supported by TOKYO FM/JFN 「LOVE&HOPE」  16:15-18:00

あの日から8年。あの日、私たちが失ったものは確かに大きかったけれど、その一方で、それまでに気づいていなかったものの大切さに気付くことができた。それは“つながり”。地域や世代、国を超えたつながりは大きな困難を乗り越える力をくれた。 過去5回の集大成となる今回のディスカッションは“つなぐ”をテーマに、東北・東京・世界の未来について考えます。
※この様子は、TOKYO FM系列JFN38局で放送されます。

スペシャルゲスト
鈴村 健一登壇!
声優/ TOKYO FM/JFN「ONE MORNING」メインパーソナリティ


追加ゲストも登壇予定!

復興への取組みパネル展
  @会議棟1Fレセプションホール

セッション団体やオフィシャルサポーターの復興への取組みを学べるパネル展を同時開催いたします。

前日併催イベント STAND UP FESTIVAL【8月5日(月)18:00~20:00】

ダンス、合唱、伝統芸能がフェスティバルを盛り上げる!!
  18:00~19:30

◆発表校◆
  • 18:10~18:30 調布市立第五中学校 合唱部
    総勢100名を超える部員が、聴く人の心揺さぶるハーモニーを奏でます!
  • 18:30~18:50 福島県立会津農林高等学校 早乙女踊り保存クラブ
    五穀豊穣を祈願し、鮮やかな衣装と花笠や羽子板を使って舞う早乙女踊りは必見です!
  • 18:50~19:10 都立東高等学校 創作ダンス部
    様々なジャンルで練習を重ねた部員たちの華々しいダンスをどうぞご覧ください!
  • 19:10~19:30 岩手県立釜石商工高等学校 虎舞委員会
    釜石市の無形文化財である虎舞。虎の生態を舞踏化し、荒々しく舞う勇姿をお見逃しなく!

プロジェクションマッピング/ミュージック花火 
  19:30~20:00

「平和」をテーマにした映像作品とミュージック花火が有明の夜に輝く!
※荒天時順延:8月6日19:40~20:00(予定)
昨年冬に東京ビッグサイトで開催した“東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.3”において最優秀賞に輝いた京都精華大学チーム「mag」と(株)ピクスによる共同作品を上映。約700発の花火・音楽・映像の融合が、観るもの全員の記憶に刻まれ、平和への祈りと東北復興への願いを届けます。

こちらのWebサイトもご覧ください ⇒

東北グルメエリア・地産品物販コーナー

おいしい東北グルメと東北地方自慢の一品をご用意しています。
かき氷やビール等フェスティバルをより一層楽しめるフードも販売いたしますので、夏の思い出にご家族そろってお越しください。

出展店舗(一部)
 宮城ふるさとプラザ
 日本橋ふくしま館 MIDETTE
 キスケエクスプレス


※プログラム・スケジュールは変更となる場合があります。
※画像はイメージです。